暴飲で逮捕のJAL操縦士に禁錮10カ月 英ロンドン

999eee

 英ロンドンのヒースロー空港を出発する便に乗務する直前、基準の9倍を超すアルコールが検出されたとして逮捕された日本航空の操縦士が、禁錮10カ月の判決を言い渡された。警察が29日に明らかにした。判決を言い渡されたのは実川克敏被告(42)。10月28日にヒースロー空港から東京へ向かう便に乗務する予定だったが、現地時間午後6時50分の出発直前、呼気検査で不合格となった。実川被告の体内からは、血液100ミリリットル当たり189ミリグラムのアルコールが検出された。操縦士の基準値は20ミリグラム。イングランドなどで車を運転する場合の上限は80ミリグラムと定められている。実川被告は酔った状態で航空業務に従事した罪に問われて拘束され、起訴内容を認めていた。同被告が乗務する予定だったのは、定員244人のボーイング777型機だった。航空規制監査官のイアン・グローブ氏は今回の事件について、壊滅的な事態につながりかねない重大な犯罪だったと位置付け、「被告は全乗客と乗員の安全のみならず、公衆の安全をも一切顧みなかった」と非難している。実川被告の逮捕を受けて日本航空は謝罪し、再発防止のための対策を直ちに講じると表明した。