テスラは「あと数週間で」死ぬところだった マスクCEO

999eee

 米電気自動車メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、今年に入って同社のセダン「モデル3」の生産目標達成が危うくなった当時の経営状態について、「あと数週間で」死ぬところだったと発言した。 テスラは6月に入って生産目標を達成することができ、10月には2016年以来となる黒字転換を果たした。 しかしそれまでは多額の債務を抱え、その返済に充てられるだけの収益も挙げられない状況だった。 マスク氏は25日に放映されたHBOの番組の中で、当時のテスラについて、生産問題が原因で「気が狂ったように現金が流出していた」と打ち明け、問題が早期に解決されなければ破綻していたかもしれないと振り返った。 当時のテスラは経営難に陥っていることを否定し、年内には黒字化を果たすと言明していた。 マスク氏は、同社が生産目標の達成に苦慮していた当時、生産を円滑化させるためカリフォルニア州フリーモントにあるテスラの工場に移った。「そうしなければ、テスラは死んでいた可能性が大きい」と同氏は語っている。