格拉蘇蒂PanoMaticReserveXL、がんに研究を寄付します

999eee

格拉蘇蒂PanoMaticReserveXL、がんに研究を寄付します
少しも茍の表を作成する理念でないを受けてその通りにして、格拉蘇蒂は07年に巴賽爾が展を表す中でXLPanoMaticReserveなど表しを出しますモデル。常軌を逸する拉蘇蒂のオリジナル(GO)の一般のものとは異なるオリジナルの風格をスケッチするため、或いはPanoMaticXLシリーズは外形設計は論じないで機能の実用性は何でも素晴らしくて、このシリーズのその他の時計のモデルのように、このようなえこひいきする式の時計の文字盤の簡潔な視覚効果はこの腕時計に見たところとりわけ高貴にならせます。時計の文字盤で変化して、格拉蘇蒂のオリジナルな腕時計(GO)が並外れていて小さい細部のテープ装てんのために新しい視覚に来るのがエキサイティングで、全く新しい立体の表面設計は腕時計のために人目を引く新しい姿を持ってきて、時計の文字盤は金色のアラビア数字或いは銀白色の時間の目盛りを使うのなのにも関わらず、このような革新が色を合わせてクラシックにモデルを表して宴会を供応する全く新しい視覚があらせました。

2009年11月26日、1年に1度のイタリア国家のがんの研究日です。毎年、それぞれ大きい時計のブランドはすべて有名でオークションを表しを寄付して、支持のがんは研究します。今年、今回の慈善のオークションに参与する40社の時計工場が全部で。格拉蘇蒂は慈善の心を受けてその通りにして、すでに連続2年はこのイベントに参与しました。