「オメガ」の新基準搭載モデルが日本上陸

999eee

【3月2日 MODE PRESS WATCH】スイス高級時計メーカー「オメガ(OMEGA)」は、時計業界の新品質基準となる“マスター クロノメーター”を世界で初めて搭載した最新モデル「コンステレーション グローブマスター」を発表。この日本上陸を記念して2月25日、プレゼンテーションとパーティが行われた。

“マスター クロノメーター”は、「オメガ」とスイス連邦計量・認定局(METAS)の共同開発による、新たな時計認定基準。検査対象を従来のムーブメントのみから、日常的な時計の着用を想定した時計全体に広げ、10日間にわたる8種類のテストをパスしなければならないという厳しい品質基準となっている。

「コンステレーション グローブマスター」は、この認定プロセスに従って1本ずつ検査・認定された初のモデル。デザインは「オメガ」のレガシー、卓越した精度・性能と、時計製造の専門性を象徴する初期の「コンステレーション」にインスパイアされている。

 プレゼンテーション当日は、オメガ本社 プロダクト開発兼カスタマーサービス副社長、ジャン=クロード・モナション(Jean-Claude Monachon)による、“マスター クロノメーター”についての説明や、時計技師立ちあいのもと耐磁性の実証実験も行われ、より優れた時計であることが証明された。また夜のパーティには、VIP カスタマーやメディアなど約200名のゲストが出席。スペシャルゲストとして駐日スイス大使館よりピーター・ネルソン(Peter Nelson)公使も登場しその偉業を讃えるとともに、シンガー&ソング・ライターの「Bird」が会場を大いに盛り上げた。