「ヴァシュロン・コンスタンタン」世界の旅を捉えた新作

999eee

【5月30日 MODE PRESS WATCH】「ヴァシュロン・コンスタンタン(VACHERON CONSTANTIN)」の「オーヴァーシーズ」シリーズから、今夏の新作コレクション登場! さらに写真家スティーブ・マッカーリ(Steve McCurry)による「オーヴァーシーズ」が持つ旅の精神を捉えた作品が、一部公開された。

■夏の新作「オーヴァーシーズ」コレクション

 今年1月にフルリニューアルしたばかりの「オーヴァーシーズ」は、旅の精神をインスピレーションに、カジュアル・エレガンスと実用性を併せ持つ新世代の自動巻き腕時計として発表。

 今夏仲間入りする「オーヴァーシーズ・ワールドタイム」は、15分や30分の時差にも対応する37タイムゾーンを表示し、刻々と変わる世界全域の時刻を一目で把握したいと望むトラベラーのために作られた。リュウズのみで全機能を調整できる実用性を兼ね備え、メゾン独自の“インターチェンジャブル・システム”により、ワンタッチでブレスレットとストラップの付け替えも可能。文字盤はブルー、シルバートーン、ブラウンの3種を展開する。

 なおブラウンの文字盤は、「ワールドタイム」のほか「クロノグラフ」「日付表示を備えた3針」「スモールモデル」にも新登場。透明なブラウンのラッカーで奥行き感が強調されたフェイスには、渦巻きや細い円を描いた仕上げが施され、多彩な表情を作り出している。付属するレザー/ラバーのストラップカラーもブラウンで統一した。

■写真家スティーブ・マッカリーが撮り下ろす旅の精神

 新生「オーヴァーシーズ」誕生に伴い、数々の賞に輝くアメリカ人写真家スティーブ・マッカリーとのコラボレーションが実現。「オーヴァーシーズ」のテーマである旅の精神や、新しい発見を重ねる中で研ぎ澄まされ豊かになっていくトラベラーの姿を、世界12ヶ所を巡る撮影ツアーを通してマッカリーが描き出す。

 今回公開されたのは、シリーズ前半となる6ヶ所の秘境写真。メキシコ、ニューヨーク、インド、中国、ジュネーブ、そして日本は秋田の郊外にある秘湯“鶴の湯”がフューチャーされている。

 旅の情景に自分を重ねながら、「ヴァシュロン・コンスタンタン」に脈々と受け継がれる哲学を感じてみては。

■商品概要
・オーヴァーシーズ・ワールドタイム
価格:4,250,000円
・オーヴァーシーズ・クロノグラフ(ブラウン)
価格:3,325,000円
・オーヴァーシーズ・3針モデル(ブラウン)
価格:2,300,000円
・オーヴァーシーズ・スモールモデル(ブラウン)
価格:2,875,000円
※すべて予価、税抜