「ブレゲ」ブガッティのためのクロノグラフを展示

999eee

【6月7日 MODE PRESS WATCH】高級時計メーカー「ブレゲ(Breguet)」は7月9日から18日まで、イタリアの高級車「ブガッティ T41 ロワイヤル」のためにデザインし、1932年に販売されたダッシュボード・クロノグラフの1つである「ブレゲ No.2023」をブレゲ ブティック銀座で特別展示する。

 天才時計師アブラアン-ルイ・ブレゲ(Abraham-Louis Breguet)によって創業された「ブレゲ」は、フランス海軍や航空業界向けの時計に加え、自動車ブランドにも製品を供給してきた。

「ブレゲ」の顧客であり、優れた自動車製造者であったエットーレ・ブガッティ(Ettore Bugatti)の依頼によって考案されたこのクロノグラフは、クロムメッキが施された直径67mmの金属ケースに自動車産業向けに厳選されたタキメータースケールという複雑機構を搭載。クリーム色の文字盤には「Special pour Bugatti(ブガッティのために)」と記されており、6時位置にくり抜かれた開口部には分積算計を表示、メゾンが誇るブルースチールのブレゲ針が使用されている。8日間のパワーリザーブを備えた機械式ムーブメントによって動き、6時位置にあるリューズを使って巻き上げる仕様だ。

 今年2月に開催されたクラシックカーのイベント「レトロモービル・エキシビション」のオークションで「ブレゲ」が落札したばかりだという、メゾンの卓越した多様性を証明する貴重なタイムピースを見に、ぜひ足を運んでみては。