稀少な時計コレクションが競売に、ボナムスで13日開催

999eee

【9月11日 Watches Press】1793年に英国で創業し、現在は世界各国で美術品から宝飾品、までさまざまなオークションを開催する「ボナムス(Bonhams)」。9月13日には、稀少なヴィンテージの腕時計や懐中時計を扱う「ヨーロッパ貴族の時計コレクション(原題:Watches and Wristwatches including the Collection of a European Nobleman)」をロンドン・ナイツブリッジで開催する。

 同オークションには、名だたる高級時計メーカーの時計約300点が出品。なかでも注目は、1970年にイギリス海軍が支給した ステンレススチール製の「オメガ(OMEGA)」シーマスター 300だ。翌1971年に「ロレックス(ROLEX)」のロイヤル サブマリーナーが支給されたため、ごく短期間しか支給されていないモデルだ。予想落札価格2万3000~3万5000ユーロ(48万~55万円)。

「ボーグリー(Boegli)」のオルゴール付き機械式腕時計のような、一風変わったモデルも多く揃えている。時刻は9時の位置のスモールダイヤルに表示され、メインダイヤルにはフランツ・ヨーゼフ・ハイドン(Franz Joseph Haydn)の交響曲第94番を奏でるオルゴールムーブメントが覗く。予想価格は580~810ユーロ(6万9,000~9万6,000円)。

 同オークションの内覧会は9月11日から13日まで。入札は電話でも可能で、ウェブサイトからもライブ入札が可能だ。