「ブランパン」プレ バーゼルワールド2017新作モデル

999eee

【2月21日 MODE PRESS WATCH】1735年創業、現存する最古の時計ブランド「ブランパン(BLANCPAIN)」は、「フィフティ ファゾムス コレクション」から、同ブランドが深い愛着を持つ深海のようなブルーシェードをまとった直径38㎜の3針新モデルを発表する。

 スイスの冒険家ジャック・ピカール(Jacques Piccard)の深海探検からインスピレーションを受けた「バチスカーフ・ダイバーズウォッチ」は、1950年代に発売された歴史的モデル。今回の「フィフティ ファゾムス バチスカーフ」は、当時のモデルに最新技術を加え、再解釈された新作となっている。

 このたびラインアップに加わる新モデルは、スティール製ベゼルにはブルーのセラミックインサートを、そして目盛表示には、変形しにくい合金のリキッドメタルRを使用。輪郭は歴代の「フィフティ ファゾムス」と同様にシャープな形で、時計の針はヴィンテージウオッチらしい伝統的なデザインだ。

 サファイアクリスタルのケースバックからムーブメントの動きを覗くことが可能で、「ブランパン」のロゴがエングレービングされ、NAC(プラチナ合金)コーティングされたゴールド製ローターを堪能できる。ムーブメントに使用されているシリコン製ヒゲゼンマイは、時計業界において近年開発された革新的な素材で、低密度であるため軽く、衝撃に強く、磁気の影響を受けないという利点を持つ。

 ケースの厚みは10.77mmで、ダイバーズウオッチとしては薄い点も魅力的! 「バチスカーフ」の名を冠したクラシカルモデルの新作、発売が待ち遠しい。