従業員が黒人客に前払い要求、レストラン謝罪 米

999eee

 米メーン州オーバーンのレストランでアフリカ系(黒人)の10代の複数の客に女性従業員が事前の料金支払いを求め、店が謝罪を表明し、従業員の再訓練を迫られる混乱がこのほどあった。近くのテーブルにいた白人男性が前払い要請のやりとりを耳にし、フェイスブックに経緯を掲載したのが問題発覚のきっかけとなった。男性は、事前支払いを求められた客たちは礼儀正しく料理を注文し、大声も立てなかったなどと指摘。前払いを本当に促されたのかをこの客たちに直接確認したところ、肯定したという。この後、白人男性は父親、母親と一緒に店側に経緯の説明を要求。事情を説明した女性従業員がこの客たちは「リスクが高い」と判断して前払いを自らの判断で行ったことを認めたため、人種が問題になったと受け止めていた。白人男性の一家や近くにいた他の客の誰もが前払いを求められていなかったという。一方、レストラン「IHOP」の幹部は地元紙サン・ジャーナルに女性従業員の行動は人種問題に根差したわけではないと説明。店は食事代を支払わず立ち去る10代の客が現れる問題に直面していたと指摘した。同店はフェイスブック上の公式アカウントで謝罪を表明し、是正措置に踏み切ったと説明。「我々の店内で起こることは容認出来ない事態だったことは確かだ」と述べた。