人民銀総裁、周小川氏が退任 後任は海外経験豊富な易綱氏

999eee

 中国の中央銀行にあたる中国人民銀行の総裁について、全国人民代表大会(全人代、国会に相当)は19日、易綱(イーカン)副総裁を昇格させる人事を承認した。15年にわたって人民銀を率いてきた周小川(チョウシアオチョワン)氏の後任となる。易氏は米国に海外留学した経験を持ち、英語を流暢(りゅうちょう)に話す。米ミネソタ州のハムリン大学などで学んだほか、インディアナ大学では教鞭(きょうべん)を執った。過去10年にわたり人民銀の副総裁を務めた。専門家からは、易氏の昇進は、中国経済の継続性を示唆しているとの見方が出ている。周氏が総裁を務めていた時期に中国経済は大きく成長し、より多くの外国投資を呼び込むため中国経済の解放へと動いた。周氏は欧米スタイルの経済改革の擁護者としても知られていた。周氏は昨年、外部の競争が欠けると金融セクターの不活性化につながる可能性があると指摘していた。世界の投資家は周氏時代の政策が引き継がれることを期待している。投資銀行INGのエコノミスト、ロブ・カーネル氏は、易氏の総裁就任について、継続性への「賛成票」だと指摘した。