テスラ、「モデルS」12万3000台をリコール

999eee

 米電気自動車メーカーのテスラは29日、セダンタイプの「モデルS」12万3000台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。2016年4月以前に製造されたモデルが対象で、パワーステアリングのボルトを交換するという。テスラの広報担当者によると、一部の寒冷地を走行する製品について、当該部品の「過度な腐食」を確認したという。雪や氷を溶かすため道路に散布する塩が原因とみられる。これまでのところリコール内容に関連した事故は報告されておらず、けが人も出ていない。広報担当者は、ボルトに不具合が生じても車両をコントロールすることはできると強調。ただ低速でのハンドル操作や縦列駐車が難しくなる可能性があると説明した。「高速でのハンドル操作には実質的な影響がない」はずとしている。テスラはリコール対象車を所有する顧客に対し電子メールで不具合に関する通知を行った。リコールの発表を受け、テスラの株価は29日の時間外取引で4%近く下落した。