エルメスは第2四半期に時計の収入は暴落します

999eee

エルメスは第2四半期に時計の収入は暴落します
アクセプターは市場の日本、米国の需要の下落と国際為替レートの不利な変動影響を要して、エルメス(Hermニs)の国際は第2四半期に比較的販売して第1四半期に大幅に緩めます。その中、腕時計は固定為替相場の下で販売して年によって12%下がりました。

エルメス(Hermニs)の国際は以前6月30日までの第2四半期がいつも5.8%の販売を記録していて増加すると公表して、第1四半期の10.1%と去年同時期の10.3%よりはるかに低いです。為替レートが揺れ動くもたらす7を除いてほうって、300万ユーロは(に損害を受けて第1四半期に4のため損失に関連していて、000万ユーロ)、第2四半期に収入の増加も9.6%しかなくて、総額を販売して去年同時期の9.104億ユーロの増加から9.634億ユーロ着いて、市場の予想する9.71億ユーロに及ばないです。日本の4月1日の引き上げの消費税にかんがみてエルメスの国際業務に対して明らかに打撃を与えるのをもたらして、固定為替相場によって計算して、現地の販売は増加して第1四半期の21.7%から大幅に1.6%だけまでなえます。数(何)近く季の暖かさを取り戻すアメリカ市場の販売の増加も7.9%まで遅くして、第1四半期に増幅は17.9%です。アジア・太平洋地域は販売して同時期と比べて16.8%上昇して、ヨーロッパは6%増加します。

その中、1番悪い種類を表現するのは腕時計で、固定為替相場の下で販売は年によって12%下がって、主に中国のため腐敗一掃するスポーツは引き続き影響して収入に卸売りをします。グループの最も重要な革製品と騎馬用具の部門は10%の販売が増加するのを実現して、市場に合って予想します。既製服と流行するアクセサリ、シルクと織物は販売してそれぞれ上昇して12.9%と9%、香水の販売は10.5%上昇して、真珠や宝石と食器などの製品のその他の業務を含んで18.9%上昇します。グループは財務報告の中で為替レートに問題が恐らく上半期の“営業利益率が少し2013の上で半分財政年度のレベル(33.1%)より低い”を招きを警告して、年間も去年の32.4%に接近することしかできないでしょうを見に来ます。