デビアス、人工ダイヤのブランドを発表 9月発売へ

999eee

 ダイヤモンドの採掘、販売の世界最大手、デビアスが29日、人工ダイヤの新ブランドを発表した。長年にわたり批判してきた人工石を、一転して手掛けることになる。消費者の要望に応えて「ライトボックス」というブランドを立ち上げ、9月から人工ダイヤを販売する。価格は0.25カラットで200ドル(約2万2000円)、1カラットで800ドル前後と、天然ダイヤの10分の1程度に設定する見通し。ピンク、ブルー、ホワイトの3色をそろえる。デビアスのブルース・クリーバー最高経営責任者(CEO)は「永遠ではなくても今この瞬間にはぴったり。これまでになかった手頃なファッション・ジュエリーを提供する」と話す。デビアスはこれまで人工ダイヤに否定的な立場を取り、天然石の価値を訴えるキャンペーンにも参加してきた。人工石を見分ける装置を開発したこともある。子会社のエレメント・シックスは人工ダイヤを製造しているが、工業用途専門だ。ライトボックスの人工ダイヤには、肉眼では見えない小さなロゴが入るため、天然ダイヤとは簡単に区別できるという。同社は今後4年間に9400万ドルを投資し、米オレゴン州ポートランド近郊に人工ダイヤの製造拠点を建設する計画だ。