北斗星の衛星の腕時計は閲兵人員になって装備をつけます

999eee

北斗星の衛星の腕時計は閲兵人員になって装備をつけます
2015年9月3日、ファシズムに反対して勝利70周年が大きくて閲兵して首都北京にあるを行います。これは世界の人民は、特に中国人民に対してにとって、意味の1日に富を極めるので、閲兵部隊は世界に中国軍隊の軍の威容、中国の国威と中華民族の浩しかし正しい気風に現れ出て、同時に“中国の力”を展示します。聞くところによると、今回大きく閲兵する前に、初めて訓練での中でいくつかの北斗星の衛星誘導のポジションシステムを含める中国の高精の科学技術の力を採用しました。

時間としてシステムの中の重要な一環を統一して、我が国の自主的に研究開発する北斗星の衛星誘導のポジションシステムは精度の高、誤差があって特徴が小さいですの。北斗星を利用して自動的に標準時間を知らせてと精密で正確な位置付けシステムを測量して、閲部隊を受けて極めて大きく訓練する品質と収益を高めました。たとえば、徒歩方チームは人員の正規の歩調が行進して200メートル、整然としている歩が行進して1000mの方形陣形変形しないのをやり遂げることができます;装備部隊などは速く時間のプラス・マイナスの誤差0.3秒の内に、プラス・マイナスの10センチメートル以内にあるまで;空中世代が米の秒に達するのは悪くありません。

大いに閲兵する中に解放軍達の軍容の軍の姿、集中的に中国の軍人の男らしくて勇ましくて美しいのを体現しているだけではなくて、同時に閲兵が“中国の力”の要素の中の一つを展示するでした。北斗星の強大な科学技術の力、閲兵隊列のそれぞれの精密で正確な動作は、ほとんど0の誤差の上ためと同時に体現していて、閲兵する人員の軍容の軍で姿、ファッションをも体現していて上によく合います。

中国の北斗星のナビゲートとしてから位置を測定して力を合わせる理事部門の成都天のオーストリア電子株式有限会社ができて、ナビゲート局を中国人民解放軍参謀本部に測量・製図させられて授権を頼んで、自主的に開発して、北斗星の科学技術を腕時計の中に溶け込んで、製造しだして中国の“MIL規格のタイムテーブル”の称の北斗星の衛星の腕時計があって、初めてを閲兵人員として装備につけて、威力がある中国解放軍とと一緒に長安街、目撃証言大の閲兵誉れ時間に歩いたことがあります。