メディアへの攻撃は「間違い」 アマゾンのベゾスCEO

999eee

 米アマゾンのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)は、トランプ米大統領はメディアからの監視を喜ぶべきだと語り、報道の自由を擁護する姿勢を示した。ベゾス氏は13日、ワシントンで開催されたイベントに登壇し、2013年に買収した米紙ワシントン・ポストの成功についてなど討論。ベゾス氏はアマゾンやポスト紙に対する批判について回答を求められていた。ベゾス氏は、アマゾンについて擁護する必要は感じないとしつつ、「選挙で選ばれた人物がメディアや記者を攻撃することは間違いだと私は考える」と指摘。大統領は、メディアから綿密に調査されることについてうれしく思うべきだとの見方を示した。メディアを悪者扱いし「国民の敵」と呼ぶことについても危険だとの考えを示した。