バーガーから人工添加物を排除 米マクドナルド

999eee

 米ファストフードチェーン大手マクドナルドは29日までに、「ハンバーガー」「ビッグマック」らの人気商品から保存料や着色料などの人工添加物を排除する方針を新たに明らかにした。健康志向の消費者をより多く取り込むのが狙い。同社は2016年、「マックナゲット」で人工成分を使わないとし、丸形パンで高カロリー甘味料の不使用も宣言していた。今回の方針はサンドイッチや丸形パン、チーズ、ソースにも適用させる。ただ、ピクルスだけには人工成分を使うとした。同社は、丸形パンで人工保存料のプロピオン酸カルシウム、米国製チーズで保存料のソルビン酸の投与を中止。名物とも言える「ビックマック・スペシャルソース」も作り替え、ソルビン酸カリウムなどの保存料は使用しないとしている。米ファストフード業界ではより健康的な食料への傾斜が強まっており、マクドナルドの今回の方針もその流れに沿う。「タコベル」「サブウェイ」などのチェーン店も最近、商品から人工成分を除外する営業方針を既に示している。マクドナルド社は今年、「クォーターパウンダー」に用いる牛肉を冷凍から生鮮の種類に変更し、「お子様ランチ」に牛乳などの健康的なメニューを付け加える商品戦略も発表していた。