リシャール・ミル RM 70-01 トゥールビヨン アラン・プロスト

999eee

リシャール・ミル RM 70-01 トゥールビヨン アラン・プロスト
かつてないオドメータ(走行距離計)を搭載したアラン・プロスト・モデル
mille_alain_01

 アラン・プロストはスピードの世界、そしてリシャール・ミルは時計の世界におけるアーティストです。4度のF1世界チャンピオンに輝き、ルノーeダムスチーム設立に携わった彼とのコラボレーションは、お互いの揺るぎない信頼関係の上に成り立っています。今回のモデルは、双方が持っていた自転車への興味から生まれました。弛みない研究開発が基礎となる航空・自動車産業のように、自転車も技術発展に伴って進化してきた分野です。そうして誕生したモデルとは、すべてが新しく開発されたRM 70-01 トゥールビヨンは、かつてないオドメータ(走行距離計)を搭載しています。

 アラン・プロストやサイクリスト達との膨大な議論の末にリシャール・ミルが気付いたのは、彼らの多くがシーズン開始からの総合走行距離を把握できていない事でした。こうして誕生したRM 70-01は、走行距離を積算する前代未聞のトータライザーを搭載しています。まず2時位置のプッシュボタンで、チタン製の窓から見える5つのローラーから、いずれかを選択します。そして10時位置のプッシュボタンを押すと、選択したローラーを1つずつ進める事ができます。ユーザーの操作は、現在の総合距離に今日の走行距離を足す計算だけです。

複雑を極めたメカニズム
RM70-01 FRONT_RGB

 しかしそのメカニズムは複雑を極めています。最初のプッシュボタン操作で5つのローラーから1つを選択し、2本の黄色い矢印で選択したローラーが分かるようになっています。2個目のプッシュボタン操作でローラーを進めますが、機構がニュートラル(N)状態にある時は、誤操作を防ぐためにボタンは自動的にロックされます。スプリング式のロック機構によって2時位置の矢印と並んで「N」を指し、メカニズムがニュートラル状態となっているのが視覚的に分かります。

 5時位置にはプラネタリ・ディファレンシャル機構によって表示される70時間パワーリザーブ・インジケーターを備えています。手巻きトールビヨン・ムーブメントの地板とブリッジはグレード5チタン製です。チタンの優れた剛性によって、走行中の過酷な環境にも耐え得る性能が実現されました。ブリッジを固定するチタン製アレン・スクリュー、車輪のスポークを彷彿とさせる角穴車など自転車の世界を意識した仕様になっており、さらにトゥールビヨン・キャリッジとダイナモメトリック・クラウンは自転車のチェーンを表しています。